FC2ブログ

Train Scenery Museum

Date : 2018年04月

春の小川をマルーン色の電車が走る

blog82.jpg

先週に続き今週もお日柄がよく、近場を走る近鉄電車の撮影を行ってみました。

狙うは田原本線100周年を記念して1編成(3両)だけ塗り換わった復刻塗装。目撃情報をもとに運用を予測すると、日中はずっと田原本線を走っているようで、すぐさま撮影へと出かけました。

日中は非常に温く、川原には菜の花が咲き春らしい気候でした。

そんな中、昔の近鉄を彷彿とさせるような?マルーン一色の復刻塗装が登場。

阪急電車とは違いマルーンレッドというちょっと赤みがかった色のようです。

復刻塗装シリーズ(?)は少し前に南海電車でも行われていたようですが、引いて撮ると一昔前のような絵が撮れるのがいいですね。

しばらくこの色で走るでしょうから、また機会を見つけて写しに行きたいなと思いました。

2018.04.28 近鉄 田原本線(奈良県)
スポンサーサイト

王子ヶ浜を横目に走る

blog81.jpg

週末は「サロンカーくまの」と題して新宮まで大サロが走りました。

思えば去年もサロンカーくろしおやサロンカー那智と題して走っていた気がするが、雨天で止めた思い出があります・・・

それより前に遡ると6年前だろうか、久々の新宮大サロの撮影となりました。

幸い運転のある2日間はお日柄もよく、両日とも撮影へと出向きました。

2日目、乗客は午前中を熊野大社で過ごし、新宮を12時に発車しゆるりと和歌山へ向かう。

新宮を出た列車はすぐさま4キロにもわたる「王子ヶ浜(大浜海岸)」を横目にゆるりと走る。

少しガスっていてかつ潮が引いてしまっていたのが少し残念であったが、雄大な海岸と列車を絡められて良かったと思います。

2018.04.22 紀勢本線(和歌山県) 新宮~三輪崎

新緑の保津峡をゆるりと走る

blog80.jpg

新緑が美しい季節になりました。今年はぬくいせいか、例年よりも新芽が出るのがしますね。

緑が硬くならないうちに!と先日嵯峨野に山歩きへと出かけてきました。

過ごしやすい気候でしたので、気持ちのよい撮影が出来ました。

陽は長くなったものの、深い谷間を走るので陽の当たり方が変わるとたちまち山影になる。

そんな中、山にDE10の汽笛が何度も木霊する!

やがてゆるりゆるりと色鮮やかなトロッコがやってきました。

しかしこのトロッコ、よく新緑に合いますね。また新たな俯瞰撮影地を求めて山歩きしよう!と思い帰路についたのでした。

2018.04 嵯峨野観光鉄道(京都府)

深夜の作業・・・バラスト散布

今回はちょいと趣向を変えて「現場」の風景を。

休日にバラスト散布があるとこのことで、はるばる石川県まで撮影に向かった。

金沢を出発した列車は大聖寺で機回しを行い、下り線で散布を行うとのこと。

休日のせい?か、結構な撮影者がいました。

blog79-1.jpg

上から見るとバラストが満パンに積まれているのがよくわかります。

さて、機回しを見送った後は現場へ先行。踏切がなってえ?早っ?!と思うも、朝低速でゆっくりと散布をしていきます。

blog79-2.jpg

作業員がクルクルのハンドルを操作しながらバラストを確認してゆく。

1両分撒き終えると作業員が降りて残りカスを棒で落としていきます。

blog79-3.jpg

撮影中に気づいたのだが、金沢ホキ特有の蛍光灯が付いてない。。。え?なんでつけないの?と思い聞いてみると、トラブルとのこと(笑)

しかも、なぜか2両目だけ点灯しているではないか!笑

blog79-4.jpg

唯一点灯してた2両目を寄りで撮りましたが、撒かれているのがよくわかりますね。

blog79-5.jpg

松任駅構内へと進んでゆく。

駅で再び小休憩した後、第二現場スタート。

blog79-6.jpg

新幹線の高架の下で、着々と作業を進めるDE10のホキ列車。

はやり1両だけ点灯してるのは変ですね笑

バラスト散布自体は2度目の撮影なのだが、こういう作業によって鉄道が支えていると思うとこみ上げるものがありますね。

またこういう作業シーンも撮ってみたいなと思いながら帰路につきました。

2017.04.15~16 北陸本線(石川県) 松任周辺

梅の花咲く篠ノ井線を行くDD16

blog78.jpg

今年1発目のDD16率いる野辺山工臨が運転されたようです。

しかし撮影にいけるはずもなく、インターネットに投稿された写真を見て唇を噛む思いをしました。。。

およそ一年前と同じ時間で走ったようで、そういえば去年撮影したことを思い出しました。

去年のレール返却はラッキーなことに休日運転だったのではるばる撮影へ出かけた。

前日の晩(というか、深夜)に野辺山駅へたどり着き、仮眠していると思ったより早く機関車が駅に到着し、入換開始。

そこから夜間撮影スタートで永遠に追っかけ続け篠ノ井線までやってきた。

その日は変な天気で、晴れていたのに突然雨が降ったり~で、俯瞰撮影は早々に諦め平場でアイテムを探す。

去年は例年通りの気候(?)のようで、長野は桜の開花にはまだ早く、梅の花が線路に咲き乱れていた。

淡い桃色から濃い色までさまざまな色があり、桜とはまた違った趣がありました。

そうしているうちに小さなDD16ことチビロクが軽快に駆け抜けていきました。

2017.04.09 篠ノ井線(長野県)

金川の桜

blog77.jpg

毎年春になると津山線沿いの金川では桜まつりが行われています。

今年はあっという間に開花して知らん間に散っていて撮影出来ずでしたが、去年は満開に合わせ津山線に出かけていました。

大きな桜を横目に津山線のローカル気動車が走る。

当初はいわゆるたらこ色?朱色の気動車だけが来るもんやと思っていましたが、この時はノスタルジーカラーの気動車との混色編成がやってきました。

JR東日本の磐西・羽越エリアに入る新津のキハは「タラ急」と呼ばれるタラコ色+急行色の組み合わせが人気のようですが、これは西の「タラ急」なのかな?!笑

国鉄末期を彷彿とさせる?混色編成はよいですね。

先月羽越線に出かけた際に本家「タラ急」も写してきましたので、またUPする機会を楽しみにしていただけたらと思います。

2017.04.07 津山線 金川

春の保津峡をトロッコ列車がゆく

blog76.jpg

昨年辺りから暇をみつけては撮影をしている嵯峨野トロッコ。

今年も保津峡の桜を写しに出かけようと思っていましたが、気づけばもう殆ど葉桜となってしまいましたね(汗)

嵯峨野トロッコを撮影するものにとって悩みの種である線間の木々ですが、春の季節には満開の桜に化けています。

蛇行する川沿いに桜が咲き誇る景色は嵯峨野観光鉄道らしい風景といえるでしょう。

遠くの山から何度もDE10の汽笛がこだまし、トンネルから客車が顔を出す。

乗客には桜のトンネルがさぞ綺麗に映ったことでしょう。

この頃はどちら側にDE10がついているのかも分からず撮影していましたが、次はDE10頭で撮りたいな!と思いながら下山したのでした。

2017.04.15 嵯峨野観光鉄道(京都府)

満開の桜に見送られて。さよなら三江線

blog75.jpg

2018年3月31日をもってJR西日本の三江線が廃線となりました。

その最後の走りを写したいと思い、最終日に出かけました。

沿線では早咲きの桜がまぶしいくらい満開になって、すっかり春の景色が広がっていました。

三江線自体、四季折々の風景を追い続けた思い出の路線。。。という訳ではありませんが、もうこの路線を走らないと思うとちょっと寂しくなりました。

撮影の最中、大きな1本桜を見つけたのでそれと絡めることに。

道中沢山の撮影者を見かけましたが、この場所は私一人でまったりと列車を見送りました。

2018.03.31 三江線(島根県)

プロフィール

toshi

Author:toshi
ご訪問ありがとうございます。
関西在住の撮り鉄です。DLが好き。
更新は不定期ですが、よろしくお願いします!

最新記事

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

前blogのカウントがリセットできない汗.

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top