FC2ブログ

Train Scenery Museum

 ~私の好きな鉄道風景~

嵐山公園を見下ろす

blog151.jpg

嵐山公園は秋になるとモミジやカエデが色付き溢れんばかりの観光客でにぎわいます.

嵯峨野のトロッコも連日満席で,立席券でさえも取れないくらい人気なんだそうです.

トロッコは山陰線の旧線を使っているが,トロッコ嵐山~嵯峨嵐山駅間はJR線を走行します.

機関車が進行方向右側の線路を走っているのはなんとも奇妙であるが,これも嵯峨野の特徴ですね.

列車すぐ右の「竹林の小怪」は特に京都でも屈指の観光地であり,まるで大森林にいるかのような写真をネット上で沢山見かけるが・・・上から見ると住宅地に隣接するただのショボイ竹林ですね(笑)

保津川沿いを越えた列車はいよいよ終着嵯峨嵐山へと到着する.この区間もきっと大切なトロッコ旅の1ページだろう.

2018.11 嵯峨野観光鉄道 (京都府)
スポンサーサイト



シキ800,最後の活躍へ

blog150.jpg


中国電力の変圧器輸送で活躍したシキ800であるが,老朽化の為これが最後の変圧器輸送となり引退するんだとか.

引退する前に京都鉄道博物館で展示されることが決まり,帰路を兼ねて伯備線を白昼堂々と回送されました.

トランスを積んでる時は落込み式で梁(C型)が付いていたが,回送の際は梁が取り外されB型での回送でした.

シキの形を少しでも目立たせようと,真横が見える場所での撮影を試みた.

当日は晴れ予報なれど雲の動きが活発で晴れたり曇ったりの繰り返し.が,運よく晴れ間のタイミングで登場.

11月にもなると午後は斜陽のような低い光線で,少し色付いた集落の山々を明るく照らしました.

2019.11 伯備線 (岡山県)

三井野大橋を望む

blog149-1.jpg

11月になり三井野原では紅葉が見頃だなと思い出かけてきました.

去年の同時期も木次へと出かけていたが,去年に比べて茶色の葉が多い印象...

そう思ったのは私だけではないようで,地元の方の投稿によると昨今の台風の塩害で色付きがあんまり良くないんだそうです.

さて去年は三井野原の観光停車スポットをサイドから俯瞰していたが,三井野大橋と絡めることは出来ないだろうか?と思い別角度からの俯瞰を試みた.

山を登ること1時間半,睨みを付けたポイントから赤い鉄橋が見えたが,11月にもなると陽が低く...影の部分が多かった.

しかし逆光に反射した紅葉が赤く染まりこれはこれで秋らしい風景で良いかなと思った.

出雲坂根の駅を発車する汽笛が聞こえさあ準備万端!と思えど三段スイッチバックをうねりながら登るため中々こない.

何度も汽笛が聞こえるがどこに列車がいるのか全く分からずそわそわした気持ちで待っているとトンネルから白いオロチが顔を出す.

一度停車するため,同じカメラでワイドでも撮影.

blog149-2.jpg

橋長300mの巨大な橋であるが,俯瞰してみるといかに高いところを走っているかが良く分かります.

乗客もさぞ良い景色を楽しんだことでしょう.

しんどい道のりであったが,新緑のもっと陽の高い時期に再訪したらまた違う絵が撮れるんじゃないかな?と期待を寄せながら下山.

坂根の駅で買った焼き鳥を食べながら様子を見ていると雲行きも怪しくなってきたので,復路を見流して備後落合のドライブインでおでんうどんを食べそのまま帰路につきました.

2019.11 木次線 三井野原(島根県)

稲架掛け仕舞い

blog148.jpg

マヤ検を写しに数日間九州へと出かけていました.

肥薩線にマヤが走る前日,下見がてら沿線を走っていると10月も中旬だというのにまだ稲架掛けがしてあり,ポイントの当たりをつける.

次の日の朝もう一度そのポイントへ向かうとちょうど散歩中の田んぼの持ち主の一人に遭遇しました.

話していると線路沿いの稲架掛けは今日片付けるんだそうで,ギリギリのタイミングであった.

珍しい列車を写しに来た事を伝え,(話し合った結果?)通過1時間前に片付け作業開始!

稲架を取り,コンバインにかけてもみを分け,竹を外してゆく.

木陰で刻々と作業する中,うねりを上げながらゆっくりとDE10が山越えしてゆきました.

2019.10 肥薩線 (鹿児島県)

逆古座ヴィラ俯瞰

blog147.jpg

去年の鉄道の日は紀勢で大サロが走っていました.

新宮往復であったが往路は確か雨で,晴れ予報の復路だけ出かけてみたが雲だらけだった記憶があります(笑)

ロケハンしつつ南下すると天気も回復し,串本辺りは晴れ間もあった.

いわゆる古座ヴィラ俯瞰の逆側であるが,拍子抜けなほどに人がいなかったので,時間も迫ってた事もあり登ることにした.

逆側は古座ヴィラほど高さはないが,湾が綺麗であった.

さて肝心の天気であったが,なんとか通過時には車両に陽が当たった.

2018.10 紀勢本線 (和歌山県)

---
当blogは無名ながら多地域の方からの訪問があり,この3連休を襲った台風で被害にあわれた方も多いかと思います.
2次被害がないことを祈りつつ,一日も早い復興を願うばかりです.

プロフィール

toshi

Author:toshi
ご訪問ありがとうございます.
四季の風景の中を走る列車(主にDL)をテーマに撮影を行っています.
更新頻度は低めですがよろしくお願いします.関西在住.

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

まいどおおきに!.

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top